明日には忘れるなにかについて

天野くにひろのブログです

明日は大丈夫って昨日も思ってた

年末、かかりつけの精神科に電話をかけた。年末年始に備えて薬が欲しかったからだ。

 

「ツーーーーーツーーーーー」

 

電話が繋がらない、やらかした。診療は午前までだったのだ。年末年始もみっちり仕事が入っているが、もうどうしようもない。

 

薬を切らしてからの俺は散々だった。仕事は全くこなせず足手まとい、耳と意識が遠く人の話が全く聞き取れない、自宅は散らかり放題、食事も餅くらいしか食べていない。あんなに増えるばかりだった体重も年末年始だけで3kg落ちた。恋人もどきに助けを求めてみようかと思ったが、医者でもない相手に助けを求めても何ともならないなと思って連絡ひとつしなかった。

 

そんなこんなで1月6日を迎えた。今日から病院は開いている。通院のために休暇も取った。受付開始時間になった瞬間、電話で予約をぶち込み、そのまま家を飛び出して病院に向かった。

 

帰宅してさっそく薬を飲んだら、久々に恋人もどきを家に呼びつけた。待ってましたと言わんばかりの早さで、恋人もどきは家に飛び込んできた。

 

「あけおめ〜、って部屋の空気淀んでんなぁ!!」

 

窓を開けたらそのまま飛び降りてしまうような気がして、空気の入れ替えを全くしていなかったせいである。

 

「珍しく洗濯物もすっげぇ溜まってる。明日履くパンツある?」

 

「ない」

 

毎日身体が鉛のように重かったので、帰宅したら入浴、即座に布団に入るという生活をしていた。洗濯物なんてどうこうしている時間がなかったのだ。

 

「俺、年末年始休みだから呼べばよかったじゃん?気ィ使ってくれたの?ありがとね。でもヤバかったら呼べばいいんだから、何か考えるから」

 

「うん」

 

恋人もどきに抱きしめられながら『こいつが恋人だったら、いや、親だったらどんなに良かっただろう』とふと考える。しかし恋人もどきには『もどき』とついているように正式には『恋人』ではない。

 

実のところ俺は、近年中に関西への転勤が決まっている。恋人もどきには話したが『へぇ、そうなんだ』の一言でこの話は終わってしまった。本当はついてきて欲しい。それが無理なら遠距離でもこの関係を維持したい。そう思っている。

 

恋人もどきは根無し草だ。

 

しかし『どちらかが面倒に感じたら終わり』、そう予め決めた関係でこれを言うのはかなり危ない橋を渡るように感じる。

 

気が付けば、ずさんな関係の沼にズブズブとはまってしまった俺がいる。苦しい。でもお前といると空が前より綺麗に見えるから、前より生きているのが怖くないから、一緒に来て欲しい。わがままを言っているのは分かっている。

 

もう少しだけ、俺に綺麗な空を見させてくれ。